ヒダモク Home > ブログ > 住宅ローン > つくばでマイホームを建てるには、いくら貯めれば良いの「自己資金」? 
ブログ
更新日 2017年5月9日

つくばでマイホームを建てるには、いくら貯めれば良いの「自己資金」? 


数年後に新築を考えているけれど、「まだ全く家については知識が無い」というお若いご夫婦が、
ヒダモク「住まいル相談会」にお見えになりました。
 
資金計画の話をさせていただくと、
「ネットなどで、『マイホームのための自己資金は6~700万円用意した』なんて話を目にしますが、
自己資金って、その位無いとダメなんでしょうか?」
という質問をいただきました。
 
最近では、自己資金無しでマイホームを手に入れる方も増えてきました。
 
確かに
住宅ローンは、自己資金が少なくても借入可能ですが、
自己資金が少ないほど月々の返済額は多くなり、借りた後の負担が大きくなります。
 
では、家造りにおける自己資金は、一体いくら位あれば良いのでしょうか?

 

住宅ローンシュミレーション
 
こんにちは!
新築・注文住宅、リフォーム(増改築)で、あなたの期待に応えます。
自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、
快適住宅アドバイザー&ホームインスペクター(住宅診断士)の肥田です。
 
家造りには手順があります。
 
その手順を無視したり、また知らないままに
「資金計画」や「素材/工法」を後回しにして
「間取り」を考え始めたり、住宅展示場などへ出掛けてしまったりすると、
住宅ローンの返済に苦しむような後悔する家造りに陥りやすいので注意が必要です。
 
ヒダモクではマイホームで後悔するご家族を一組でも減らしたくて、
毎月「住まいル相談会」を開催して家造りの手順をアドバイスしています。
 
さて、自己資金の額ですが、
これまで「家造りの自己資金は総額のの2割は必要。」と言われてきました。
 
住宅金融支援機構が実施している「フラット35利用者調査報告」では、
平均的なマイホーム購入金額と資金の内訳が確認できます。
 
これによると、2015年度に茨城県内で家を建てた人(565人)の内訳は、
2~30歳代の人が約50%、4~50歳代が約38%、60歳以上の方が約12%です。
 
先の「フラット35利用者調査報告」によれば、
2015年度の茨城県の平均建物価格は約3000万円。
自己資金600万円は、これまでの定説20%に合致します。
 
ただし、

全年齢での平均値ですので、若年層ほど自己資金は少なく、
年齢層が上がるほど、自己資金額は多いと推測されます。
 
ご相談に来られたご夫婦のような20代30代のご家族が

マイホームを手に入れようと考える理由は幾つかあります。
 
中でも「子どもの小学校入学」は、高いウェイトを占めています。
 
では、20代30代のご家族がマイホームのために自己資金600万円を貯蓄するとしたら、
一体何年掛かるでしょう?
 
これまでの貯蓄分を合わせても5年、いや10年はかかるかもしれません。
 
自己資金20%を達成するまで、家造りを先延ばしにすると、
お子さんの転校問題、
住宅ローンの金利上昇や借入期間の短縮化。
などのリスクも生じます。
 
「自己資金2割」や「自己資金600万円」は、全年齢での平均値です。
20代30代でマイホームを手に入れようとする場合、それを達成できるご家族は稀でしょう。
 
では、
20代30代の方の自己資金は一体いくらあれば良いのでしょう?
 
ヒダモクは「自己資金最低1割」だと思います。
 
なぜなら、金融機関には「融資率」というものがあって、
融資率9割以下9割超では、住宅ローン金利が異なるからです。
 
2017年5月現在のフラット35の場合、
融資率9割以下の金利:1.060%
融資率9割超の金利:1.500%です。
 
これを、2015年の茨城県の平均総費用3000万円の家に当てはめてみると、
 
・融資率9割(自己資金300万円):金利1.060%
借入:2700万円
借入期間:35年(420回払い)
月返済額:76,974円
総支払額:32,329,271円
 
・融資率9割超(自己資金0円):金利1.500%
借入:3000万円
借入期間:35年(420回払い)
月返済額:91,855円
総支払額:38,579,239円
 
その差、約625万円にもなります!
 
返済期間が長く取れる方の場合、
いま置かれている家庭状況に応じた資金計画を立て、
繰り上げ返済などを駆使しながら、将来のリスクに備えることも可能です。
 
マイホームは手に入れることよりも、
手に入れてからの毎日の暮らしの方が大切です。
 
あなたのライフプランをしっかり把握して、
まずはキチンとした資金計画を立てて下さいね。

 

 

ヒダモクは、つくば市を中心に、
地元の樹と自然素材を用いた木ごこちいい家づくりを
提案しています。

 

「自然素材」が健康にも環境にも良いことは、何となくわかっていても
「自然素材の家は高い!」と思っている方は、とても多いです。

 

あなたもそうかもしれませんね。

 

しかし、費用対効果を考えると、
自然素材の我が家って、実は「お得」なんです。

 

そんな情報や、家族みんなが安心して暮らせる家をつくるための知識、
また、一般には知られていない建築業界の情報を発信しています。

 

「安全・安心・快適な家が欲しいけど、自然素材は高い?」
と思われているあなたは、こちらの資料をぜひお読みください。

 

資料請求はコチラからどうぞ。

 

家造りを考え始めたばかりの方は、迷うことも沢山あると思います。
そんな皆さんには、

 

「知っ得!納得!!家造り」メールセミナーをご用意しています。

 

家造りを基本から学びたいという方は、コチラをご活用ください。

 

 

無垢の木と自然素材でつくる、木ごこちいい「家」
-新築木造注文住宅・リフォーム-Hidamoku-
つくば市・土浦市・下妻市・常総市・つくばみらい市・牛久市・
阿見町・かすみがうら市・石岡市・桜川市・筑西市

↓関連性の高い記事↓

火災保険の改定に先手を打つ!

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。     今年の10月始期契約より火災保険の制度が大幅に改定されます。   今回の改定での変...... 続きを読む→

子どもは本当に良い家を知っている!

「僕、この家が良い!」   ヒダモクが現場完成見学会を開催すると、   必ず、そんな感想を大きな声でお父さんやお母さんに 直訴するお子さんがいらっしゃいます。   子どもの直観って、実に鋭い...... 続きを読む→

間取りプランの心得 キッチン編

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。   間取りプランを考える上で、意外と大切なのは、 玄関とキッチンの距離。   買い物から帰宅。 玄関...... 続きを読む→

木の家が人に優しい7つの理由(つくば市近郊編)

人が木陰で疲れを癒すから「休」   日本人は、昔から木と上手に付き合ってきました。   食生活を支える食器類、 枝葉は暮らしの燃料に、 幹は建築用材に。   でも、この半世紀、木との付き合い...... 続きを読む→

築10年の一戸建て住宅、メンテナンス費用は、いったい幾ら?

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。   (写真は本文と関係ありません)   10年ほど前、知人がご実家の建替えを紹介してくれたことがあり...... 続きを読む→

家造りを成功させる秘訣!

念願の我が家を手に入れたけれど、 「○○すればよかった」とか、 「□□だと思ってた」など、 新居に不満を抱えている人の話を耳にすることがあります。   なぜでしょう?     こんにちは! ...... 続きを読む→
お問合せ 資料請求

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ

お客様の声

  • 脱衣after

    つくば市
    TY様
  • after omtei

    つくば市
    OM様
  • 自然素材のバリアフリー住宅

    土浦市
    OK様
  • after

    つくば市
    FY様様
  • 山小屋風リフォーム

    牛久市
    AA様
  • スタディカウンター

    つくば市
    RK&SK様
↑Top↑