ヒダモク Home > 家造りで後悔しない法
家造りで後悔しない法

「家を建てよう!」あなたは何からはじめますか?

「マイホームのイメージ作りをしよう!」と、期待に胸をを膨らませて家族揃って住宅展示場見学に。
テーマパークのような楽しさに、夢はドンドン膨らみます。

ですが…、

住宅展示場は、各住宅会社の特別仕様の家ばかりが並んでいるってご存知でした?
ですから、来場者が実際に同じモノを建てることを前提として作られてはいないそうです。

豪邸を観てしまった後に「プラン作り」を始めても、そのイメージから逃げることは困難です。
したがって、予備知識なしに展示場へ行くことは、余り良い方法とはいえません。

どうすれば後悔しなくて済むだろう?

アレもコレもと、叶えたい夢テンコ盛りで家造りを始めると…。
住宅会社から出された見積書は、予算をオーバー…。
結果、いくつもの「ガマン」や「あきらめ」が生じてしまい、
楽しいはずの家づくりがワクワクしない家造りになってしまいます。

だからと言って、住宅ローンを可能な限り限界まで
借り入れをすると、今度は家計が圧迫されてしまいます。
最悪、ローン返済が無理になって、家を手放すといった事態に至る場合もあります。

では、どうすれば、「楽しみながら、夢が叶える」家造りが出来るのでしょうか?

まずは「現状把握」から

家造りのスタートは、お金の話からです。キチンと現状を把握することから始めましょう。
今の自分に、果たして「総額いくらまでの家づくり」が出来るのかをシッカリと確認します。
ココを曖昧にしてしまうと、のちのち自分を苦しめることにもなりかねません。

家造りに使える予算は、おおむね3つ、①貯蓄(自己資金)、②借入れ(住宅ローンなど)、③援助(親など)です。
この総額が家造りに使える「総予算」ということになるのです。

①「貯蓄」は、お分かりでしょうし、③の「援助」も、相談しておきましょう。
しかし、②の「借入れ」に関しては、借り方次第で結構変わってしまうのです。

賃貸住宅にお住まいの場合、現在払っている家賃は、そのまま返済に当てられます。
毎月貯金していれば、それも加算できるでしょう。
また、生命保険の見直しで、返済費用を増やせる場合もあります。

また「家を建てる」という一大事業を行うのですから、家計を見直して毎月のお小遣い、外食費用を節約すれば、返済にまわせる金額が増えます。

しかし、お子さんの成長にともなう教育費、住宅取得による水道光熱費の増加、固定資産税など税金の増加等々、全ての収入と出費の変化を見込んでおかなければなりません。

そして、総額いくらまでなら「無理のない家造り」なのかを見極めて実行に移すべきです。

ファイナンシャル・プランナーや住宅ローンアドバイザーなどに相談してみるのも良い方法ですね。

予算の配分(資金計画)を考えよう

家造りの総予算を確認できたら、つぎは予算の配分です。

坪単価はいくらで、面積は何坪?また、たいがい坪単価表示の中には、外構費用、家具、カーテン、
照明器具などは含まれていませんから、それらの費用は、一体いくらかかるのか?
建物以外の費用は、どんな種類があって、いくらかかるのか?

そうしたことを考えないと、建物は建ちますが、住める家にはなりません。

そのほか、借入れに当たってのローン手続き費用、建物の登記費用、火災保険料なども必要です。
引っ越し費用や仮住まいの家賃も忘れてはいけませんね。

そして、土地がないご家族の場合は、土地購入費用も必要になります。

よく土地のない人で失敗するケースが、①の「現状把握」の前に、「予算以上」の土地を購入してしまうパターンです。

家が欲しい訳ですから、まず建物にいくらかかって、その他の費用はいくらかかるのか?
総予算から、それらの費用を引いた残りが「土地購入予算」になる訳です。

その「土地購入予算」で、買える土地以上のものを先に買ってしまったら、理想の家は建ちません。
残念ですが、これが現実です。

スケジュールを確認しよう

資金計画がまとまったら、次は、いつまでに「完成入居」したいのか? を決めましょう。
家を新築する場合、着工から竣工・入居まで4〜5カ月程度はかかります。

モチロン、いきなり工事は出来ませんから、プラン決め、工事金額の確定、
建築確認許可までの時間も必要になります。
それらにかかる日数を逆算して初めて、希望の日時に引っ越せるかどうかが決まります。

お子さんのご入学や新学期までに引っ越したいとか、新年を新しい家で迎えたいということであれば、
少なくとも、その半年前にはプランや工事金額を確定させたいものです。

さぁ、プラン作成です

ヒダモクは、「無理のない満足度の高い家づくり」を心掛けています。

まず、総予算いくらの家造りなら無理がないかを考え、理想の家にするための予算配分を決定。
その後、スケジュールを確認してから、「間取りプラン作成」を開始します。

この手順を踏んで家造りを行えば、予算をオーバーして、
いくつもの「あきらめ」など生まれない家造りが出来ると考えているからです。

すでに予算範囲で何坪の家を建てるかは決めています。
その範囲内でプランを作成すれば、後悔なんてありえません。

ヒダモクでは、ご家族全員に「住まいの要望書」作成いただいての、家族会議をお願いしています。
その上で、「絶対に叶えたい希望」を3つまでに絞って頂いています。つまり、優先順位を決定して、
予算の許す範囲で、希望の実現範囲を増やして行くのです。

私たちは、お客様の予算の範囲の中で、
最大限の希望を実現することが「プロ」だと思っています。

プロだからこそ、希望を全部挙げてさせておいて、「見積りしてみたら予算をオーバーしました」
なんて提案をしてはならないと考えています。

いよいよ土地探し

土地探しから家造りを始められる方は、この段階になってから、
土地探しをすべきだとヒダモクは考えています。
なぜなら、皆さん、土地が欲しい訳ではなく、家が欲しいのですから。
理想暮らしを実現するための家、自分に建てられる家が明確になってから、土地探しをすべきですよね。

多くの方が、掘り出し物の物件を探されます。
しかし、現実的に考えて「そんなラッキー」には、よほどのことがないと巡りあえません。
駅から近くて、日当たり良好、面積も申し分なし、それでいて安い。そんな土地ないです。

賃貸住宅は、おおむね交通の便利がいいです。借りて貰うには高い利便性が求められるからです。

しかし、「買える土地」となると、自分の資産となる代わりに、駅から多少遠かったり、
職場から遠くなったり、それほど広くなかったりと、何かをガマンしなければなりません。
これが現実です。

私たちプロが探しても、「掘り出し物」には滅多に出会うことはありません。
ですから、時期を待てば、いい物件が出てくるということも、あまり期待できないと思います。

ヒダモクでは、提携の不動産業者から、今現在流通している全ての土地情報を預かり、
お客様にご案内させていただいています。

全ての土地情報の中から、「納得」して頂けるものがあるかないかをご検討頂くために
実際に現地に同行して、アドバイスもさせて頂いています。

そして、Ⅱステップで算出した予算内の土地を探して頂きたいと思っています。

決めた土地の形状、方位などによって、Ⅱステップで考えていた家が敷地に入らないとか、
間取りの変更が生じたとしても、この段階では、それほど難しい作業ではありません。

選ばれた土地に合う間取りに変更すれば、建物の予算もオーバーすることなく、
総予算の中に納まる家造りが出来るのです。

家造りで後悔しないために

家造り一生に一度の大事業です。後悔などしたくもありません。
昔から「3回建てないと、満足のできる家はできない」などと言われますが、
それは、宝くじにでも当たらない限りほとんどの方が無理です。

この5ステップを参考にして頂き、ぜひ納得の家造りをして頂きたいと思います。
このステップを踏めば、子育て真っ最中の若いご家族でも、ご家族の成長と幸せを育む家を建てられます。
健康で快適に暮らすための家造りをあきらめないでください。

気持ちのいい家、家族の愛情あふれる家をつくってください。

資料をご請求ください

ヒダモクは、自然素材を使った、木ごこち良い家をご提供したいと考えています。
しかし、営業は苦手ですし、しつこい営業はもっと苦手です。
資料をご請求頂いても、電話をしたり、しつこく訪問したりということも一切しておりません。

本当のところ、少人数でやっていますので、そんなこと出来ないというのが事実です。
ヒダモクの家造りに興味を持って頂ける方には、無料で差し上げられる資料をご用意していますので、
気軽にご請求ください。

資料をご請求頂いても、しつこい営業はしません。ご安心ください。


私たちの家造りを知ってください
お問い合わせ ヒダモクの家造りとは
お問い合わせ 注文住宅施工事例です
お問合せ 資料請求

Hidamokuブログ

一覧を見る

お客様の声

  • スタディカウンター

    つくば市
    RK&SK様
  • 家族が集うLDK

    つくば市
    TM様
  • キッチンリフォーム

    つくば市
    SK様
  • 珪藻土の塗り壁

    つくば市
    IJ様
  • CIMG0405

    つくば市
    MY様
  • yasui

    つくば市
    NY様
↑Top↑