ヒダモク Home > お客様の声 > 「木の家は温かい」 家は、次なる自分のベースキャンプ

お客様の声

阿見町 RM様

「木の家は温かい」 家は、次なる自分のベースキャンプ


DSC_0016

 

新しい家に入って3ヶ月。朝7時には差し込む日差しの中、

お茶を飲む等して、穏やかな一日の暮らしがスタートしています。
 
【心と体が安らぐ家って何だ?】
 

2年前、家を建てたくとも相談する人のいない私は、娘と共に住宅展示場に行くことにしました。
「○○の木」(原文は実名)と銘打った家は、合理的な設計で、確かに「木」は使われていましたが、
 

窓もドアも小さくて閉塞感があり、ビジネスホテルの空気と同じ感じがしました。
次の家は、外装が端正な「和」で、とても惹かれたのですが、玄関から上がった途端、
 

フローリングの堅さと冷たさに、体が拒絶反応・・・
その後、5~6棟見学しましたが、
 

「自分の体に合わない既製服を着させられる様な家は選びたくない」という想いが残りました。
 

見学の結果、私が欲しいのは、

 

① 光と風がいっぱい入る家  ⇒  木の家
② 柔らかさと温もりのある家   という事が、はっきりしました。

 

【7枚目の設計図】
 
私の望みを採り入れながら、設計図を描いてもらいました。
 

1つ1つの願いが「形」になっていきます。「家ってこうやって建てて良いんだ」と知りました。
建てている間は、職人さん達から直接話を伺う事も出来ました。
「モノ作りは、作る人が良い気分で作業出来たら良いモノが出来る」と思っている私は、

職人さん達を信頼出来て、安心していられました。

 

【そうだよ、私はこんな暮らしがしたかったんだよ】
 
今、「木の家」は温かいと実感しています。素木の床は、裸足でもやわらかいし。

冬の朝も、陽が入ると温かく、ストーブは余り必要なかった。
一日で一番多く目にする光景は、実は「家」なわけで、素木の色も雰囲気も、

自然なままでこその柔らかさがあり、落ち着きます。
 

ただの玉子焼きでも、手造りのお皿にのせて食べる時の、満たされた美味しさと同じ感じです。
時々、赤ちゃんのおしりみたいに温かでスベスベの床を触ってみたり、

木の裏を爪でガリガリやって、木の香を嗅いだりして遊んでます。

 

【家は、次なる自分のベースキャンプ】
 
リビングの素木の床は、陽のあたる所が少しだけ焼けて来て、良い色具合です。
10年後、20年後、この木がどうなって行くのか、とても楽しみです。
 
先日、井戸のポンプ小屋を作って持って来てくれた、トシちゃんという若い大工さんに、

「思い切って家建てて、良かったよ。何か良い事ありそうな気がするんだよ。」

と言ったら、彼曰く、「運気は自分で掴むモノだからァー」
ホント、そうだよねぇ・・・
 

お客様の声一覧に戻る

 

RM様の施工例はこちら

施工
事例青森ヒバとバリアフリー

家造りに関するご質問はありませんか?

資料請求 資料無料プレゼント お問い合わせ お問い合わせ

お問合せ 資料請求

Hidamokuブログ

一覧を見る

お客様の声

  • 自然素材のバリアフリー住宅

    土浦市
    OK様
  • after

    つくば市
    FY様様
  • 山小屋風リフォーム

    牛久市
    AA様
  • スタディカウンター

    つくば市
    RK&SK様
  • 家族が集うLDK

    つくば市
    TM様
  • キッチンリフォーム

    つくば市
    SK様
↑Top↑