ヒダモク Home > ブログ > アレルギー > 「衣食住」、優先すべきは経済性?or安全性?
ブログ
更新日 2018年4月16日

「衣食住」、優先すべきは経済性?or安全性?


昔から「衣食住」という言葉があります。

 

「衣食住」とは、読んで字のごとく、
着ること、食べること、住むこと。

 

人間の生活の基本を簡潔に表した言葉です。

 

厚生労働省の調査では、いまの日本の子ども達の
約50%は、何らかのアレルギーを持っているそうです。

 

様々な要因が絡み合った結果でしょう。

 

そのせいもあってか、
「衣」と「食」の安全性に気配りしているご家庭は少なくないようです。

 

では、「住」への気配りまで考えているご家庭は…?

 

経済性or安全性?

 

こんにちは!
新築・注文住宅、リフォーム(増改築)で、あなたの期待に応えます。

 

自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、
快適住宅アドバイザー&ホームインスペクター(住宅診断士)の肥田です。

 

今の子ども達の病気で一番多いのが、アレルギー疾患だそうです。

 

アレルギー疾患には、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、
アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、蕁麻疹、食物アレルギーなどが挙げられます。

 

このうち、

アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎などは、 症状が住環境によって大きく左右されます。

 

先の厚労省の調査によれば、
この30年間で気管支喘息は10倍以上、アトピー性皮膚炎も5~10倍に増加しているそうです。

 

なぜそんなにアレルギー疾患が増えたのでしょう?

 

それは私たちをとりまく環境が大きく変わったことにも一因があります。

 

アレルギー体質は遺伝的なモノですが、

アレルギー疾患の症状が現れるのは、
生活環境(住環境、食環境、大気汚染など)によって異なります。

 

昔の普通の家は、高温多湿の日本の夏の気候に合わせて、木造の土と草と紙でつくられていました。

夏はとても過ごし易い家ですが、すきま風で冬寒い事が難点でした。

 

いまの普通の家は、マンションや戸建て住宅でもアルミサッシ等により気密性が高くなっています。

経済的に、しかも短い工期で仕上げますから、 新築住宅のほとんどが床は合板フローリング、壁天井はビニールクロスです。

 

断熱性も向上し、夏は冷房、冬は暖房効率も向上しました。

 

ですから、見かけは年中快適に過ごせる環境になりました。

 

しかし、

その快適な環境は、家ダニたちにとっても好都合で、ダニの繁殖を助長し、
一年中人間がダニと共に生活するようになったのです。

 

このダニが子どものアレルギーを引き起こす大きな原因の一つです。

 

いまの普通の家で、ホコリをゴルフボール位の大きさに集めると、
その中には家ダニが約4,000匹居るとさえいわれています。

 

家ダニにとって、どうして現在の普通の家は繁殖しやすいのでしょう?

 

それは、気密性・断熱性の向上も一因ですが、
壁・天井に貼られたビニールクロスが室内にある家電製品によって、
静電気を帯電してしまうからです。

 

この静電気が、ホコリと一緒にダニまで家の中に留めてしまうのです。

 

さらに、
新築住宅やリフォームされた住宅に入ると、いわゆる「新築の匂い」を感じますね。

でも実はアレ、内装材や接着剤から放出される「揮発性有機化合物(VOC)」などの匂いです。

 

このVOCやホコリが家の中の空気を汚します。

 

汚れた空気を、毎日吸い続けていると、少しずつ化学物質が体内に蓄積され、
その人の許容量を越えてしまうと、 「シックハウス症候群」を発症してしまうことさえあります。

 

「衣」でも「食」でも、経済性を追求すると、安全性に疑問が残ります。
それは、「住」でも同じです。

 

「住」の役割で一番大切なことは、安全性、
すなわち家族が健康で毎日を元気に過ごせる性能だと思います。

 

ですからヒダモクは、アレルギーの一因となるダニや、
シックハウス症候群の一因となる化学物質を、
住む人が体内に取り込まないために、 無垢の木や自然素材で家造りをするのです。

 

なぜなら、 
無垢の木や自然素材で仕上げた家の内装は、
静電気を帯電しないからです。

 

ヒダモクは、つくば市を中心に、
手に触れるところは、地元の無垢の木や珪藻土・クロス・畳など
自然素材の内装材を用いた木ごこちいい家づくりを提案しています。

 

「自然素材」が健康にも環境にも良いことは、何となくわかっていても
「自然素材の家は高い!」と思っている方は、とても多いです。

 

あなたもそうかもしれませんね。

 

しかし、費用対効果を考えると、
自然素材の我が家って、実は「お得」なんです。

 

そんな情報や、家族みんなが安心して暮らせる家をつくるための知識、
また、一般には知られていない建築業界の情報を発信しています。

 

「安全・安心・快適な家が欲しいけど、自然素材は高い?」
と思われているあなたは、こちらの資料をぜひお読みください。

 

資料請求はコチラからどうぞ。

 

家造りを考え始めたばかりの方は、迷うことも沢山あると思います。
そんな皆さんには、

 

「知っ得!納得!!家造り」メールセミナーをご用意しています。

 

家造りを基本から学びたいという方は、コチラをご活用ください。

 

 

無垢の木と自然素材でつくる、木ごこちいい「家」
-新築木造注文住宅・リフォーム-Hidamoku-
つくば市・土浦市・下妻市・常総市・つくばみらい市・牛久市・
阿見町・かすみがうら市・石岡市・桜川市・筑西市

↓関連性の高い記事↓

間違いだらけの、見た目だけリフォーム!

ヒダモクでは、住まいに関する疑問質問を、 相談会だけでなく、メールでも受け付けています。   昨日、こんな問い合わせをいただきました。   「(前略)私の実家についての相談です。 カビだらけになってし...... 続きを読む→

あなたの知らない「空気」のはなし

空気が美味しいと気持ち良いですよね!   森林浴に行くと、澄んだ空気の美味しさを感じます。 そして、さわやかなリラックスした気持ちになります。   木々から発散される「フィトンチッド」や、森中に満ちて...... 続きを読む→

【空気も買う時代】に備える ~つくばでマイホームを考えるあなたへ~

私は子どもの頃、こんな話を聞いたことがあります。 「日本の水と安全は無料(タダ)」   日本と比べて海外では 生水を飲むとお腹を壊したり、 治安が良くなかったりしたことから生まれた言葉だと思います。  ...... 続きを読む→

病気になりやすい家、健康になってしまう家

新居に引っ越したら、病気がちになった。 リフォームしたら、目が痛くなったり、吐き気がしたり…。   あなたのご家族やお知り合いに、そんな経験をされた方いませんか?   快適な毎日を求めて、家造りをした...... 続きを読む→

家造りの新常識

「第3の皮膚」ってご存知ですか?   第1の皮膚とは、当然、あなたの皮膚。   第2の皮膚とは「衣類」。   そして第3の皮膚とは、『建築(住まい)』を指すのだそうです。   これ...... 続きを読む→

アレルギーの心配を吹き飛ばせます

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。   自然素材を用いて断熱リノベーションしたK様邸。 Kさんが、リノベーションされた理由は、3つ。 ・冬でも寒く...... 続きを読む→
お問合せ 資料請求

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ

お客様の声

  • after

    つくば市
    FY様様
  • 山小屋風リフォーム

    牛久市
    AA様
  • スタディカウンター

    つくば市
    RK&SK様
  • 家族が集うLDK

    つくば市
    TM様
  • キッチンリフォーム

    つくば市
    SK様
  • 珪藻土の塗り壁

    つくば市
    IJ様
↑Top↑