ヒダモク Home > ブログ > 安全 > 我が家の火災から自分達を守る!
ブログ
更新日 2016年11月2日

我が家の火災から自分達を守る!


先日、つくば特別支援学校で「防災訓練」があり、お手伝いさせていただきました。
 

様々な体験コーナーが設けられ、消防士さんによる「煙体験」では、
人工的に煙を発生させたテント内を避難することにより、
煙による見えない、息が出来ない恐怖を実際に体験することができました。
 

煙の中から出てきた、あるお母さん、
 

「ウチは古くて建替えたいんだけど、こんな火事になっても、
安全に避難できる家にするには、どうすれば良いの…?」
 

火事なんて起こしたくて、起こす人はいません。
 

ですが、戸建て住宅で万が一の火事の場合、二階の寝室から安全に避難できる家、
実は、少ないんじゃないでしょうか?
 

煙体験
 

こんにちは!
新築・注文住宅、リフォーム(増改築)で、あなたの期待に応えます。

 

自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、
快適住宅アドバイザーの肥田です。

 

昔の火事は白い煙だった気がします。
でも、最近の家が火事になると、すぐ真っ黒な煙になりますよね。

 

あの黒い煙は、石油製品が燃えるからです。

 

昔は火によって崩れた建物の下敷きになったりして被害に遭っていましたが、
いまは黒い煙による呼吸困難、一酸化炭素中毒が住人の命を奪ってしまいます。

 

あなたは、いまの普通の家のドコに石油製品が使われているか知っていますか?

 

床です。

 

壁です。

 

天井もです。

 

あの黒い煙の元はウレタンとビニールクロスです。

 

ウレタンは燃えると有毒ガスが出ます。
いまの床板の多くは、ウレタン塗装がしてあります。
傷に強いのでクレームが出にくいから、使われる理由です。

 

だから、いまの普通の家は、床が燃えたら有毒ガスが発生します。

 

キッチンの扉などに使われているメラミンフォームも同様です。

 

そして、ビニールクロスです。
ビニールクロスは塩化ビニールでできてています。

 

塩化ビニールが燃えるとダイオキシン類が発生します。

 

いまの普通の家は、「新建材」を用いることで、
短期間で、簡単に出来るようになりました。

ですが、万が一火事になった時には、
それら新建材が住人の命を奪おうとします。

 

そう考えると、いまの普通の家って怖いと思いませんか?

 

住む人の安全を守るのがマイホームです。

もし「万が一」が起こったとしても、最低限、
安全に避難できるような家を造るべきだと私は思います。

 

それには、どんな家にするのが良いでしょう?

 

そんな懸念が考えられる素材をはじめから使わない家が良いと思います。

 

間取りや避難動線に配慮した建物にするのはモチロン、
自然素材を内装に用いた家が、良いと思います。

 

床はウレタン塗装を施さない、無垢の木の床に。
確かに傷は付きやすくなりますが、足触りは冬でも素足で過ごしたくなるほど、抜群に気持ち良いです。

 

壁や天井は珪藻土や漆喰などの塗り壁や、
綿や麻などの本物の布クロスや、和紙にしてみてはいかがでしょう。

 

何しろ、燃えにくいし、有毒ガスも発生しません。

 

燃えないワケではありませんが、十分に避難する時間は確保できます。

 

確かに、費用的には割高に感じるかもしれません。

 

我が家の内装を無垢の床や塗り壁にするというのは、

オシャレだとか、高級感が増すということもありますが、

 

耐火性が増したり、より快適な室内空間になるなど、

住む人の健康や、命を守るなどの安全面でも費用対効果が高いのです。

 

いまの普通の家に使われる素材は、価格と作業効率を優先する為に、
本来優先すべき「住む人の健康」を余り考えずにつくられていると思います。

 

確かに価格や作業効率も大切かもしれません。

 

ですが、その裏に潜む危険性に目を背けていてはいけないと思います。

 

だからこそ、ヒダモクは情報発信を続けています。

 

予算的に家中すべてが無理ならば、
要所を抑えるのも一つの方法だと思います。

 

コレを読んで下さったあなたは、
正しい知識を知った上で、安心安全なマイホームをゲットして下さいね。

 

 

ヒダモクは、つくば市を中心に、
地元の樹と自然素材を用いた木ごこちいい家づくりを
提案しています。

 

「自然素材」が健康にも環境にも良いことは、何となくわかっていても
「自然素材の家は高い!」と思っている方は、とても多いです。

 

あなたもそうかもしれませんね。

 

しかし、費用対効果を考えると、
自然素材の我が家って、実は「お得」なんです。

 

そんな情報や、家族みんなが安心して暮らせる家をつくるための知識、
また、一般には知られていない建築業界の情報を発信しています。

 

「安全・安心・快適な家が欲しいけど、自然素材は高い?」
と思われているあなたは、こちらの資料をぜひお読みください。

 

資料請求はコチラからどうぞ。

 

家造りを考え始めたばかりの方は、迷うことも沢山あると思います。
そんな皆さんには、

 

「知っ得!納得!!家造り」メールセミナーをご用意しています。

 

家造りを基本から学びたいという方は、コチラをご活用ください。

 

 

無垢の木と自然素材でつくる、木ごこちいい「家」
-新築木造注文住宅・リフォーム-Hidamoku-
つくば市・土浦市・下妻市・常総市・つくばみらい市・牛久市・
阿見町・かすみがうら市・石岡市・桜川市・筑西市

↓関連性の高い記事↓

その家ホントに欲しい家?つくばで、納得満足の我が家を手に入れる

コンパクトでも、無垢の木の床の気持ち良さを毎日感じながら暮らしたい!   そんな理想の暮らしを考えている方から、 「1000万円台前半で自然素材の家は出来ますか?」 そんな質問をいただきました。   ...... 続きを読む→

リフォームのキーポイント

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。   リフォームの相談をいただくことが最近増えてきました。     それも、すでに他社と打ち...... 続きを読む→

地域密着の工務店なら、貴方の「こだわり」に応えてくれる。

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。     茨城県には笠間焼、 お隣の栃木県には益子焼。   此処つくばから車で小一時間のとこ...... 続きを読む→

家造りの節目、「地鎮祭」はどうします?

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。   大安吉日の日曜日、地鎮祭を行いました。   「じちんさい」または「とこしずめのみまつり」といいま...... 続きを読む→

我が家の未来を左右するキーワードは?

一軒の住宅を解体した時排出される産業廃棄物の量ってどの位だと思いますか?   30坪の2階建て木造住宅の場合、 おおよそ4tトラック5~10台分もの産業廃棄物が出ます。   その解体処分費用、 茨城県...... 続きを読む→

工務店はタダ家を建てれば良いってモノじゃない。防災を怠ってはプロじゃない!

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。   諸事情により、本文を削除いたしました。   ヒダモクでは、地元の樹と自然素材を用いた 木ごこちい...... 続きを読む→
お問合せ 資料請求

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ

お客様の声

  • つくば市
    TY様
  • つくば市
    OM様
  • 自然素材のバリアフリー住宅

    土浦市
    OK様
  • つくば市
    FY様様
  • 山小屋風リフォーム

    牛久市
    AA様
  • スタディカウンター

    つくば市
    RK&SK様
↑Top↑