ヒダモク Home > ブログ > リフォーム > 悲惨な事故をなくす、素材選び&器具選び
ブログ
更新日 2016年11月15日

悲惨な事故をなくす、素材選び&器具選び


11/6に東京神宮外苑で起きた木造展示物の火災。
亡くなられたお子さんには、心からご冥福をお祈りします。

 

事故の詳細が明らかになっていくにつれて、
あらためて「無知は罪」だと思います。
 

実は、今回の事故と同じような火災が、
あなたのお宅でも起こる可能性があるのをご存知ですか?
 
ダウンライト火災
(写真は東京消防庁千住消防署HPより引用)

 

こんにちは!
新築・注文住宅、リフォーム(増改築)で、あなたの期待に応えます。

 

自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、
快適住宅アドバイザー&住宅インスペクターの肥田です。

 

住宅の照明は、最近でこそLED電球が使われるようになりましたが、
既存のお宅では、まだまだ蛍光ランプや白熱電球が使われています。

 

蛍光ランプやLED電球は、その発熱温度は40℃程度ですが、
白熱電球は、数分で100℃を超える製品もあります。

 

また、住宅の照明器具は、

 

天井に直接取り付け、メイン照明として部屋全体を明るく均一に照らしすシーリングライト、
吊り下げ型で和室やダイニングキッチンの食卓の演出に人気のペンダントライト

 

などが主流でしたが、
最近は、照明器具の中でもダウンライトが特に人気です。

 

ダウンライトは、スポットライトと同様に、
照らされた対象を浮かび上がらせるため、
高い演出効果を発揮するというメリットがあります。

 

ですが、オシャレさを醸し出してくれる反面、
ダウンライトの熱による火災は少なくありません。

 

なので、ヒダモクは基本的に、ダウンライトをおススメしていません。

 

ダウンライトは、天井の中に照明を埋め込みますので、
周囲には不燃材を用いることになっています。

 

しかし、写真のように、直下にまで荷物を収納していたり、
天井裏の施工不良などで断熱材が発火してしまったりすることがあります。

 

要因の一つに、これまでのダウンライトに用いられていた電球が
ミニクリプトン球などの白熱電球が用いられていたことも考えられます。

 

最近のダウンライトはLED電球なので安心という方もいます。
しかし、それは「LEDの光自体に熱がない」という意味で、
電源部などは、やはり高温になります。

 

いくらLED電球だといっても、凹んだヵ所に取り付けると
通常以上に熱がこもりやすくなります。

 

そんなリスクもあるということを覚えておいて下さい。

 

家は一時だけでなく、一生過ごす場所です。

 

だからこそ、
流行や一瞬のひらめきで素材や器具を選ぶのではなく、

 

「住宅会社の標準仕様だから」と漫然と選ぶのではなく、

 

そのモノの持つメリットデメリットを知った上で、
自分に合う素材や器具を選ぶようにしたいですね。

 

 

ヒダモクは、つくば市を中心に、
地元の樹と自然素材を用いた木ごこちいい家づくりを
提案しています。

 

「自然素材」が健康にも環境にも良いことは、何となくわかっていても
「自然素材の家は高い!」と思っている方は、とても多いです。

 

あなたもそうかもしれませんね。

 

しかし、費用対効果を考えると、
自然素材の我が家って、実は「お得」なんです。

 

そんな情報や、家族みんなが安心して暮らせる家をつくるための知識、
また、一般には知られていない建築業界の情報を発信しています。

 

「安全・安心・快適な家が欲しいけど、自然素材は高い?」
と思われているあなたは、こちらの資料をぜひお読みください。

 

資料請求はコチラからどうぞ。

 

家造りを考え始めたばかりの方は、迷うことも沢山あると思います。
そんな皆さんには、

 

「知っ得!納得!!家造り」メールセミナーをご用意しています。

 

家造りを基本から学びたいという方は、コチラをご活用ください。

 

 

無垢の木と自然素材でつくる、木ごこちいい「家」
-新築木造注文住宅・リフォーム-Hidamoku-
つくば市・土浦市・下妻市・常総市・つくばみらい市・牛久市・
阿見町・かすみがうら市・石岡市・桜川市・筑西市

↓関連性の高い記事↓

続!、ステンレスVSジンダイ(人大)、あなたはどっち?

キッチンの天板には、天然石やタイル、天然木材なども考えられますが、 やはり、ステンレスか人造(人工)大理石を選ぶ方が大多数です。   前回のブログで、キッチンの天板であるステンレスとジンダイ(人大)について書か...... 続きを読む→

階段下収納の落とし穴 つくばで押入れや収納まで快適空間にする工務店です

間取りプランを考える時、一番「デッドスペース(無駄な空間)」に成りやすいのが階段下部分です。 なので、最近の戸建て住宅の階段下には、必ずといって良いほど「収納」が作られています。   実はいま、この階段下収納が...... 続きを読む→

色の違いは、丈夫さの違い!

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。     築30余年、土壁のお住まいの断熱リフォームが進行中。   解体を進めていくと、浴室...... 続きを読む→

築10年の一戸建て住宅、メンテナンス費用は、いったい幾ら?

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。   (写真は本文と関係ありません)   10年ほど前、知人がご実家の建替えを紹介してくれたことがあり...... 続きを読む→

空気が爽やかで気持ち良い家を造るには、手順があるんです!

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。   季節の挨拶をしたOBさんから、御礼のメールをいただきました。   「・・・。お陰様で家は、外から...... 続きを読む→

あなたのお宅は大丈夫?意外と知らない浴室対策

築15年前後でボイラーの交換はしたけれど、浴室内部はそのまんま。   なんてご家庭は少なくありません。   浴室の改修は、時期を逃すと余分な費用がかさみやすいのが特徴です。   その時期に決...... 続きを読む→
お問合せ 資料請求

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ

お客様の声

  • つくば市
    TY様
  • つくば市
    OM様
  • 自然素材のバリアフリー住宅

    土浦市
    OK様
  • つくば市
    FY様様
  • 山小屋風リフォーム

    牛久市
    AA様
  • スタディカウンター

    つくば市
    RK&SK様
↑Top↑