ヒダモク Home > ブログ > リノベーション > 床材選びのウソ?、ホント
ブログ
更新日 2017年12月1日

床材選びのウソ?、ホント


ヒダモクの床材は、「無垢材」が標準仕様です。
住宅の床は「無垢の床が一番良い。」という信念からです。

 

でも、建替えやリフォームの相談をいただくと、

 

「床に無垢なんて高くて、とんでもない!
合板で良いです。」
と仰る方が少なくありません。

 

うかがった理由を要約すると、
「無垢の床はデメリットばかり(だと聞いている)。」

 

本当に無垢の床はデメリットばかりなのでしょうか?

気持ち良い床

 

 

こんにちは!
新築・注文住宅、リフォーム(増改築)で、あなたの期待に応えます。

 

自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、
快適住宅アドバイザー&ホームインスペクター(住宅診断士)の肥田です。

 

◎無垢の木の床は止めた方が良いの?

 

ヒダモクに相談いただく方の中には、

 

「床は無垢の木にしたいのですが?」と、 住宅会社に希望を伝えたら、
否定されるような回答をされた方もいらっしゃいます。

 

・高いですよ~!
・お手入れが大変ですよ!!
・傷がつきやすいですよ!!!
・食べこぼし、飲みこぼしでシミになりやすいですよ!!!!

などなど。

 

そして、自社仕様の合板の床を薦められるそうです。

 

実は無垢の床のデメリットは、合板フローリングのメリットです。

 

・安価(無垢フローリングと比べると…)
・均一性がある(季節や湿度で変形しない)
・床暖房を薦め易い(温度で変形しない)
・傷が付きにくい(クレームになる可能性が少ない)

 

確かに、価格で考えてみると無垢の木のフローリングは、
合板フローリングと比べて高価です。

 

でも、合板のように「剥がれません」。
ですから、床の経年劣化によるリフォームの心配がありません。

 

そして、無垢フローリングは、節がまばらだったり、木目が様々だったりします。
本物の木は、確かに湿度によって乾燥収縮します。
冬には床板の目地が少し拡がったり、夏には目地が詰まります。

 

無垢材に慣れていない大工さんの施工だと、
目地周りが多少反ったりすることもあるかもしれません。
それをデメリットだと感じる方もいます。

 

しかし、これは無垢材のメリットの一つ、「調湿」効果です。
湿度の高い夏場、無垢材は水分を吸収してほんの少し膨らみます。
過乾燥の冬場、無垢材は自分の中の水分を放出して少し痩せます。

 

そのおかげで、無垢の床の空間は、自然と湿度の調整がされて、
快適な空間になるのです。

 

また、無垢の床は傷が付きやすいかもしれません。
なぜなら、無垢材の中にある「導管」に多くの空気が含まれているからです。
でも、そのおかげで、無垢の床は床暖房など不要な位温かい。
合板床には空気が含まれていませんから冷たい。
だから、床暖房の助けを必要とするのです。

 

「導管」が何らかの力によって潰されると床の表面が凹みます。
導管がある無垢の床は、だから傷が出来ます。
合板床が傷つきにくいのは、導管が無いから。
そして合成樹脂塗装などの硬化補強がされているからです。

 

◎無垢の木の床のお手入れ方法は?

 

無垢の床に住む、あるヒダモクOBさんのお手入れ方法は、
市販のお掃除用ペーパーで、拭き掃除~掃除機掛け。
それまでの住まいの時と、変わりません。

 

小さなキズは、簡単に直せますし、
大きなキズやシミなら、軽くサンドペーパーを
掛けてあげればOK!!

 

「足触りが良いし、何より木の香りに包まれた毎日は気持ちが良い。」
とおっしゃっています。

 

◎長い目でみてみると

 

合板フローリングは25年程度で貼り換え工事が必要になります。
なぜなら、接着剤の寿命が合板の寿命だからです。

 

無垢の場合、キチンとお手入れしていれば、50年どころか、100年経っても大丈夫!

 

何より、無垢の床は、温かいし、柔らかい。
だから茨城県南西エリアだったら、 床暖房なんて必要ありません。

 

そして、芳香を発して、住む人を
リラックスさせてくれたりもします。

 

ランニングコストで考えた場合も、断然お得なんです!

 

30坪のお宅の場合、合板床と無垢の床、
差額は材工合わせても¥20万~程度。

 

仮に25年後に合板床をリフォームするとしたら、
なんだかんだで、¥50万以上かかってしまうんですけどね。

 

家造りは、現在だけを考えるのでなく、
将来も想定して行いたいものですね。

 

無垢の床にデメリットは無い!ヒダモクは、そう考えています。

 

ヒダモクは、つくば市を中心に、
手に触れるところは、地元の無垢の木や珪藻土・クロス・畳など
自然素材の内装材を用いた木ごこちいい家づくりを提案しています。

 

「自然素材」が健康にも環境にも良いことは、何となくわかっていても
「自然素材の家は高い!」と思っている方は、とても多いです。

 

あなたもそうかもしれませんね。

 

しかし、費用対効果を考えると、
自然素材の我が家って、実は「お得」なんです。

 

そんな情報や、家族みんなが安心して暮らせる家をつくるための知識、
また、一般には知られていない建築業界の情報を発信しています。

 

「安全・安心・快適な家が欲しいけど、自然素材は高い?」
と思われているあなたは、こちらの資料をぜひお読みください。

 

資料請求はコチラからどうぞ。

 

家造りを考え始めたばかりの方は、迷うことも沢山あると思います。
そんな皆さんには、

 

「知っ得!納得!!家造り」メールセミナーをご用意しています。

 

家造りを基本から学びたいという方は、コチラをご活用ください。

 

 

無垢の木と自然素材でつくる、木ごこちいい「家」
-新築木造注文住宅・リフォーム-Hidamoku-
つくば市・土浦市・下妻市・常総市・つくばみらい市・牛久市・
阿見町・かすみがうら市・石岡市・桜川市・筑西市

↓関連性の高い記事↓

つくばで家造りをするための知っておくべき、合板フローリングのウソ?ホント

「床のフローリングは、合板よりも断然、無垢の木が良い!」 と思っているけれど、   「無垢は高価だから、予算を考えたら…。」と諦めかけているあなた、 「合板フローリングは、傷や汚れに強いし、色や柄も豊富だし、何...... 続きを読む→

つくばで「土地探し」から賢くマイホームを手に入れるには

マイホームを計画するにあたり、 「土地探し」から始める方が、 我が家を手に入れるには2通りの方法があります。   其々にメリットデメリットがありますから、 それを十分に理解して自分達には何方が合っているか見極め...... 続きを読む→

つくばでマイホームを本当の省エネ住宅にする方法

昔の住宅にくらべて、現在の住宅の気密性は格段に向上しています。   ですが、昔の塗り壁や無垢の天井板にくらべて、 いまの住宅の壁や天井下地の下地となる石膏ボードは 耐湿性に乏しい上に、仕上げ素材もビニールクロス...... 続きを読む→

家造りの記念に。塗り壁だから出来ちゃうこと! 

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。   施工中のI様邸、打合せの段階で決めていた照明器具が 実際のイメージに合っているか、変更はないか現地で確認い...... 続きを読む→

気持ちの良い家は、工事中から笑顔が絶えません!

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。   現在施工中のI様邸、外壁の塗装工事も終わり、 内部では、大工さん達が造作(ぞうさく)工事を頑張ってくれてい...... 続きを読む→

健康で安心して暮らせる家のつくり方

    ヒダモクでリフォームされたあるOBさんが、 「健康で安心して暮らせることが、予算や工期よりも大切だと感じました。」 と、リフォームした感想をお寄せ下さいました。   おっしゃる通りだ...... 続きを読む→
お問合せ 資料請求

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ

お客様の声

  • つくば市
    TY様
  • つくば市
    OM様
  • 自然素材のバリアフリー住宅

    土浦市
    OK様
  • つくば市
    FY様様
  • 山小屋風リフォーム

    牛久市
    AA様
  • スタディカウンター

    つくば市
    RK&SK様
↑Top↑