ヒダモク Home > ブログ > 新築住宅 > 木の家が人に優しい7つの理由(つくば市近郊編)
ブログ
更新日 2016年7月20日

木の家が人に優しい7つの理由(つくば市近郊編)


人が木陰で疲れを癒すから「休」

 

日本人は、昔から木と上手に付き合ってきました。

 

食生活を支える食器類、
枝葉は暮らしの燃料に、
幹は建築用材に。

 

でも、この半世紀、木との付き合いが疎かになってきました。

 

その結果、心や身体の健康を損なう人が増えたような気がします。

 

心身ともに健康に暮らすためには、「気持ちの良い住空間」が不可欠です。

 

そんな「気持ちの良い住空間」を創りだすには、無垢の木が欠かせません。

なぜなら、木の家には、こんな力が秘められているからです。

 

無垢フローリング

こんにちは!
自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、
快適住宅アドバイザーの肥田です。

 

ヒダモクのOBさん宅へ伺うと、「気持ち良い!」
とおっしゃって下さいます。

 

それには、こんな理由があるからです。

 

①木の家には森林浴効果がある

 

森の中で深呼吸すると気分が落ち着き、リラックスできます。
これは森の木々が放つフィトンチッドが、脳波を安定させてくれるからです。

 

自律神経の安定に効果があると言われ、
気分を落ち着かせてくれたり、集中力のアップを促してくれたりします。

 

また、肝機能を改善したり快適な睡眠をもたらすことも知られています。

 

そして、防カビ・抗菌・防虫効果も期待できます。
だから、昔からまな板やお櫃は木でつくられていましたし、
おむすびは竹の皮で包まれていました。

 

さらに、身近な生活臭を消してくれる消臭や脱臭効果もあります。

 

その上、スギやヒノキ、ヒバ材などは、ホルムアルデヒドなどの
VOC(揮発性有機化合物)の吸着・除去作用さえ持っているのです。

 

②木の家には調湿効果がある

 

木には、湿度が高くなると湿気を吸収し、
乾燥期には水分を放出するという性質があります。

 

ビニールクロスと木を比較した湿度実験によると、
ビニールクロスの場合は、温度によって湿度が90~25%と大きく変化するのに対し、
木の場合、温度に関係なく55~60%前後を保つという結果が出ています。

 

だから、木の家は湿度の高い夏の時期でも気持ちが良いのですね!

 

③木の家は耐紫外線効果がある

 

木は紫外線の反射を防ぐ、自然のUVフィルターです。

 

紫外線はお肌の大敵ですよね!
気温の上昇と共に、多くのみなさんがUV対策をされています。

 

紫外線による日焼けの突然変異が皮膚ガンの原因だと言われていますし、
紫外線を防ぐべきメラニンも、時にはシミの原因になってしまいます。

 

家の中にいても紫外線は窓ガラスを通り抜けて室内に入ってきます。
そして、複雑に反射して室内に行き渡ります。

 

でも、木は紫外線をよく吸収するため、
木から反射する光にはほとんど紫外線は含まれません。

 

紫外線の反射が少なければ、目に与えるダメージもほとんどありません。

 

④木の家は吸音効果がある

 

木には、音を適度に吸収してまろやかにし、
心地よく感じる範囲に調整してくれます。

 

木が貼られた部屋は「音がいつまでも響かず適度に反射する」ので、
音が聞きやすいといわれています。

 

だから、コンサートホールの内装には無垢の木が使われているのです。

 

⑤木の家は肌触りが良い

 

木には無数の毛細管があります。微細な穴に適度な空気を含んでいます。
したがって、熱を伝えにくく、足に受ける衝撃を吸収します。

 

だから肌触りが良いし、疲れにくいのです。

 

⑥木の家は断熱性が高い

 

水の熱伝導率(熱の伝えやすさ)を1とした場合、
木は0.4、コンクリートは2.4、鉄にいたっては106という数値です。

 

木は単純計算しても、
コンクリートの6倍、鉄の265倍、
断熱性に優れています。

 

だから、冬でも足の温度を奪わず、暖かく過ごすことができます。
つくば市近郊なら、冬でも裸足で過ごすことが出来ます。

 

⑦木の家は助成金が充実している

 

茨城県で木の家を新築する場合、年間300戸に対して、
20万円の助成制度(抽選制)があります。
http://www.wood-ibaraki.jp/hashirazai_present/hashirazai.html

 

さらに、
(1)長寿命型(長期優良住宅)
(2)高度省エネ型(認定低炭素住宅)
(3)高度省エネ型(性能向上計画認定住宅)
(4)高度省エネ型(ゼロ・エネルギー住宅)

 

上記の地域型住宅グリーン化事業認定住宅の場合、
最大120万円の助成を受けることが出来ます。(先着順)
(ただし、地域型住宅グリーン化事業に登録している事業所で新築する場合に限られます)

 

ヒダモクは、地域型住宅グリーン化事業「常陸・結の家」
http://morikaraie.net/)登録事業所ですので、
これらの助成制度にも対応しています。

 

 

ヒダモクでは、地元の樹と自然素材を用いた
木ごこちいい家づくりを提案しています。

 

「自然素材」が健康にも環境にも良いことは、何となくわかっていても
「自然素材の家は高い!」と思っている方は、とても多いです。

 

あなたもそうかもしれませんね。

 

しかし、費用対効果を考えると、
自然素材の我が家って、実は「お得」なんです。

 

そんな情報や、家族みんなが安心して暮らせる家をつくるための知識、
また、一般には知られていない建築業界の情報を発信しています。

 

「安全・安心・快適な家が欲しいけど、自然素材は高い?」
と思われているあなたは、こちらの資料をぜひお読みください。

 

資料請求はコチラからどうぞ。

 

家造りを考え始めたばかりの方は、迷うことも沢山あると思います。
そんな皆さんには、

 

「知っ得!納得!!家造り」メールセミナーをご用意しています。

 

家造りを基本から学びたいという方は、コチラをご活用ください。

 

 

無垢の木と自然素材でつくる、木ごこちいい「家」
-新築木造注文住宅・リフォーム-Hidamoku-
つくば市・土浦市・下妻市・常総市・つくばみらい市・牛久市・
阿見町・かすみがうら市・石岡市・桜川市・筑西市

↓関連性の高い記事↓

「夢」を「目標」に変えると、毎日がもっと楽しい!

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。   こんなTシャツ作っちゃいました!(笑) 私事で恐縮ですが、昨年秋から毎朝ジョギングをしています。 &nbs...... 続きを読む→

借りられる金額≠返せる金額 -つくばで無理なく自然素材の家を手に入れたいあなたへアドバイス-

我が家を建てよう(買おう)、直そうとなった時、 一番大切なことって何でしょう?   実はコレ、答えが2つあります。   1つは、 「どんな家で暮らしたいか?」という、ソフト面でのコンセプト。 &nbs...... 続きを読む→

オリンピックもマイホームも、一番大切なのは…

2020年の東京オリンピック、誘致時での、予算案は約7000億円強。   それが現時点で、3倍増の約2兆円!といわれています。   これ、都民の皆さんの税金です。 一般家庭に置き換えなくとも大変な話で...... 続きを読む→

工務店はタダ家を建てれば良いってモノじゃない。防災を怠ってはプロじゃない!

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。   諸事情により、本文を削除いたしました。   ヒダモクでは、地元の樹と自然素材を用いた 木ごこちい...... 続きを読む→

ペットと暮らすための心得

ペットを飼うお宅が増えています。   特に犬を飼う世帯が増えていて、飼育率は15%を超えるそうです。 さらに、犬の室内飼育率は、ここ数年で80%超え!   ヒダモクOBさんにもいらっしゃいますが、 1...... 続きを読む→

自然素材がお子さんの未来を拓く

お子さんの健やかな成長を願って、 奥さんが笑顔の毎日を過ごせるようにと、建てたマイホーム。   でも、 その新築やリフォームがキッカケで、体調を崩した。 なんて話を聞いたことはありませんか?   「ホ...... 続きを読む→
お問合せ 資料請求

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ

お客様の声

  • 自然素材のバリアフリー住宅

    土浦市
    OK様
  • after

    つくば市
    FY様様
  • 山小屋風リフォーム

    牛久市
    AA様
  • スタディカウンター

    つくば市
    RK&SK様
  • 家族が集うLDK

    つくば市
    TM様
  • キッチンリフォーム

    つくば市
    SK様
↑Top↑