ヒダモク Home > ブログ > > 木の家のプロだからこそ、「根太工法」
ブログ
更新日 2018年11月13日

木の家のプロだからこそ、「根太工法」


いまの普通の木造住宅の床下地は「剛床工法」といって、
床の受け材である「根太」を使わないので「根太レス工法」とも言われる、
厚さ24mm以上の合板を土台(大引)に留め付ける工法が主流です。

 

いまでは新築木造住宅の80%以上の床下地は
剛床工法が採用されているのではないでしょうか?

 

しかし、ヒダモクは昔ながらに「根太」を用いる「根太工法」を採用しています。

それには、こんな理由があります。

 

床根太

 

こんにちは!
新築・注文住宅、リフォーム(増改築)で、あなたの期待に応えます。

 

自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、
快適住宅アドバイザー&ホームインスペクター(住宅診断士)の肥田です。

 

ヒダモクの床下地が「根太工法」なのは、
お客様のことを最優先に考えているからです。

 

ヒダモクは、常に住む人のことを最優先に考えて家造りをしています。

 

住む人に優しい家造りを検証した結果、床下地は「根太工法」の方が良い。
という結論に達しました。

 

◎根太と剛床(根太レス)、どう違うの?

根太工法は、「根太」という床の受け材を約30cm毎に設置し、
その上に床下地材を貼っていきます。
工程としては2工程掛かります。

 

昔は床下断熱材なども無く、一重張りでしたから、
床下から隙間風が上がることもあったようですが、
いまでは、必ず二重張りしますから、隙間風なんて心配は要らなくなりました。

 

かたや、

剛床(根太レス)工法は、床の受け材である根太を使用しません。
変わりに厚みが24㎜~30㎜程度の合板を直接土台などに釘打ちします。

 

土台などに直接床下地材を貼りますので、

根太に比べて1つの工程で済むので、工期の短縮が図れる様です。

 

また、耐震的に根太工法よりも剛床(根太レス)工法の方が、
初期水平力が強いとこともあり、

急速に剛床(根太レス)工法が普及していきました。

 

◎剛床(根太レス)工法の問題点

地震にも強く工期短縮も図れる剛床(根太レス)工法は、幾つかの問題を抱えています。

 

①床がしなる
剛床(根太レス)工法は、通常91cm角のマス目に横架材が入っていて、
その上に厚みが24㎜~30㎜程度の合板を貼っていきます。

 

そのため、マス目の中心がしなります。
通常は気にならない程度かもしれませんが、
タンスやTV台などを置いた時に気付くこともあります。

 

②雨濡れによるしなりや膨れ
剛床(根太レス)工法は屋根よりも床下地を先に行います。

 

ただし、使われる合板は雨に濡れると膨れたり、しなったりします。
また、合板の下には床下断熱材が充填されています。

 

雨に濡れないように養生処理をしますが、
この養生処理がキチンと行っていない場合は、
合板に不具合が出てしまいます。

 

合板が濡れると、床鳴りやカビの原因となります。

 

現在では、雨に対する意識は強くなっていると思います。
根太レス工法が登場した当初は当たり前の様に、
今でも時折、平気で雨に濡らしている建築現場をよく見ます。

 

もし、工事を依頼しようとしている住宅会社があれば、
必ず建築中の住宅を見せてもらい、
しっかりと防水をしているか確認されることを強くお薦めします。

 

③床リフォームが難しいと予想される。

はじめに経済的に安く建てる事が出来ても、
メンテナンスの回数や費用が掛かる家や、
リフォーム増改築が難しい家は、住む人に優しい家とは言えません。

 

剛床(根太レス)工法は、壁よりも床先行で作られる工法なので
床下地材は壁の下にまで貼られています。

床の張り替えリフォームに際し、壁の下にある床下地材までキレイに撤去するには
相当な手間と費用が掛かると予想されます。

 

特に高温多湿の日本において床先行の家造りは、
湿気によるカビの発生と木材腐朽の危険をはらんでいます。

 

やはり、木造住宅は、屋根と外壁を先に仕上げて、
内部は濡らさずに工事を進める事が、正しい家造りの工程だとヒダモクは考えます。

 

いかがです?
ヒダモクが「根太工法」を採用している理由がお分かりいただけましたか。

 

 

ヒダモクは、つくば市を中心に、
手に触れるところは、地元の無垢の木や珪藻土・クロス・畳など
自然素材の内装材を用いた木ごこちいい家づくりを提案しています。

 

「自然素材」が健康にも環境にも良いことは、何となくわかっていても
「自然素材の家は高い!」と思っている方は、とても多いです。

 

あなたもそうかもしれませんね。

 

しかし、費用対効果を考えると、
自然素材の我が家って、実は「お得」なんです。

 

そんな情報や、家族みんなが安心して暮らせる家をつくるための知識、
また、一般には知られていない建築業界の情報を発信しています。

 

「安全・安心・快適な家が欲しいけど、自然素材は高い?」
と思われているあなたは、こちらの資料をぜひお読みください。

 

資料請求はコチラからどうぞ。

 

家造りを考え始めたばかりの方は、迷うことも沢山あると思います。
そんな皆さんには、

 

「知っ得!納得!!家造り」メールセミナーをご用意しています。

 

家造りを基本から学びたいという方は、コチラをご活用ください。

 

 

無垢の木と自然素材でつくる、木ごこちいい「家」
-新築木造注文住宅・リフォーム-Hidamoku-
つくば市・土浦市・下妻市・常総市・つくばみらい市・牛久市・
阿見町・かすみがうら市・石岡市・桜川市・筑西市

↓関連性の高い記事↓

マイホームで失敗したくない方へのアドバイス

2017年の消費税の10%のUPを控えて、 「そろそろ、ウチもマイホームを建てようか?」   なんて考えていらっしゃるご家族も多いことでしょう。   実は、家造りには「失敗しない順序」があるってご存知...... 続きを読む→

オリンピックもマイホームも、一番大切なのは…

2020年の東京オリンピック、誘致時での、予算案は約7000億円強。   それが現時点で、3倍増の約2兆円!といわれています。   これ、都民の皆さんの税金です。 一般家庭に置き換えなくとも大変な話で...... 続きを読む→

家造りの記念に。塗り壁だから出来ちゃうこと! 

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。   施工中のI様邸、打合せの段階で決めていた照明器具が 実際のイメージに合っているか、変更はないか現地で確認い...... 続きを読む→

無垢の木で家造りすると、日本の環境も良くなっていくんですよ!

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。     先週、材木市場の競りで銀杏の板割りを手に入れました。 幅50~60cmの一枚板を4枚ほど。 ...... 続きを読む→

受け継がれる「我が家」を目指して

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。     前々から1度訪れてみたい所がありました。   群馬県の四万温泉にある積善館。 &n...... 続きを読む→

つくばで引戸の家が欲しいあなたへアドバイス -お薦めできる引戸できない引戸-

ヒダモクは、家の中の出入り口には基本「引き戸」をお薦めしています。   引き戸は、 ドアのように開閉スペースが必要ないこと、 開閉に際して人が前後の移動が必要ないので、 住む人が「高齢者」といわれる年代になって...... 続きを読む→
お問合せ 資料請求

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ

お客様の声

  • 脱衣after

    つくば市
    TY様
  • after omtei

    つくば市
    OM様
  • 自然素材のバリアフリー住宅

    土浦市
    OK様
  • after

    つくば市
    FY様様
  • 山小屋風リフォーム

    牛久市
    AA様
  • スタディカウンター

    つくば市
    RK&SK様
↑Top↑