ヒダモク Home > ブログ > アレルギー > 花粉症になりやすい家、なりにくい家 -つくばで空気の美味しい家で暮らすなら-
ブログ
更新日 2017年2月6日

花粉症になりやすい家、なりにくい家 -つくばで空気の美味しい家で暮らすなら-


二月に入りました。

 

筑波山の中腹にある筑波山梅林では、
紅梅の見頃も過ぎて、白梅が開花しだしたようです。

 

そんな春の訪れと共に、花粉前線も北上しだしたようです。

 

過敏な友人は、もう鼻がムズムズ、目がショボショボ。

 

花粉症の皆さん、実は「症状が軽くなる我が家にする方法」があるんです!
 

筑波山梅林の梅
(筑波山梅林の梅:友人のInstagramより)
 

こんにちは!
新築・注文住宅、リフォーム(増改築)で、あなたの期待に応えます。

自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、
快適住宅アドバイザー&ホームインスペクター(住宅診断士)の肥田です。

 

かくいう私も三十年来の花粉症患者。
若い頃に比べ、症状は格段に軽くなりましたが、

 

この時期は知人に会う度に
「(花粉症)始まりましたね~。」とか、
「目を取り出して洗いたい位!」とか、
「〇〇のクリニックは治療効果が高いらしいよ!!」

 

なんて花粉症談義に花を咲かせてしまいます。

 

花粉症は、あなたの体が花粉の受入許容量を超えた時、
くしゃみや鼻水などの症状を引き起こします。

 

現在、
国民の4人に1が花粉症患者とも言われ、昔と比べて、患者の数は増え続けています。

 

どうしてこんなに花粉症患者が増えてしまったのでしょう?

 

考えられる原因といえば、

 

・食生活の変化(欧米化)などによる、免疫力の低下。
・大気汚染による、アレルギーに対する過敏化。
・居住地域の地面のアスファルト化により花粉が土に還れなくなったこと。

 

など、食生活、生活環境が大きく変わったことだといわれています。

 

住環境の変化も、花粉症患者増加の大きな原因の一つです。

 

昔の日本の家は

木造で、土壁や砂壁、茅葺屋根など、自然素材ばかりでつくられた家でした。

 

通気性を重視し、調湿性の高い無垢の木や自然素材でつくられた建物は、
「高温多湿」という日本の気候風土に合った家だったのです。

 

それが、いまの家の多くは、
骨組みを工業製品で囲い、気密性を高めた上に、
内装まで、ビニールクロスや合板フローリングなどの「新建材」です。

 

呼吸をしないばかりか、ホルムアルデヒドなどの有害物質を
微量とはいえ発散する素材ばかりで囲まれているのが現実です。

 

また、「気密性が高い」ということは、
一見、外気に左右されることなく快適そうに思えますが、
家の中の空気の流れを妨げているともいえます。

 

それが原因で、住む人をハウスダストアレルギーにしてしまったり、
花粉にも過敏反応する体質をつくってしまう場合があります。

 

わざわざ、病気になりやすい家造りをしているようなものです。

 

これからの家造りには、断熱性が求められています。
断熱性能を高めるためには、気密性が高いことが必要です。
 

では、

断熱性・気密性が高くて、しかも、花粉症などの
アレルギーになりにくい我が家は、両立しないのでしょうか?
 

両立は可能です。

かつて日本の家で当たり前だった無垢の木や自然素材を用いて家造りすれば良いのです。

 

我が家の内装材を工夫することが、我が家におけるアレルギー対策なのです。
なぜなら、自然素材で出来た塗り壁や無垢のフローリングは呼吸をします。

 

人の肌が皮膚呼吸するように、自然素材も呼吸するのです。

 
ですから、自然素材の家は「空気が美味しい家」なのです。
 

工業製品であるビニールの内装材は、静電気を帯びます。
ですから、部屋に入った花粉を壁に貼り付けたままにします。

 

珪藻土などの塗り壁や無垢の板貼りの場合、静電気は発生しませんから、
そんな心配要りません。

 

また、自然素材が呼吸するということは、調湿性能にもつながります。

 

湿度が高いときには湿気を吸収し、低いときには湿気を吐き出してくれます。

 

これからの季節、花粉の量が多く外に洗濯物を干せない日は室内干しをます。

 

室内干しをしているときは部屋の中が湿気でジメジメしガチですが、

調湿性能のある無垢の木の床や板壁、そして塗り壁は、洗濯物の乾きを助け、
室内の湿度をも快適に保つアシストをしてくれます。

 

花粉症などのアレルギーから、あなたを守ってくれる「自然素材」は、
沢山の会社から沢山の商品が販売されています。

 

ただし、中には見掛け倒しの自然素材製品もあります。

 

本物の自然素材を選んで、快適な家造りをしたいですね。

 

ヒダモクは、これまでもこれからも、
本当の自然素材を使って、あなた達のマイホーム造りを応援しています。

 

本物の自然素材を知りたい方は、気軽にメールでお問い合わせ下さいね。

 

椹貼りの脱衣室

 

〈追伸〉
筑波山梅林では、2/25(土)から、「筑波山梅まつり」が開催されます。
 
一千本の梅が咲きほこり、富士山を望む眺望は、一見の価値ありです。
ぜひ、遊びに来てくださいね。
 
 
ヒダモクは、つくば市を中心に、
地元の樹と自然素材を用いた木ごこちいい家づくりを
提案しています。

 

「自然素材」が健康にも環境にも良いことは、何となくわかっていても
「自然素材の家は高い!」と思っている方は、とても多いです。

 

あなたもそうかもしれませんね。

 

しかし、費用対効果を考えると、
自然素材の我が家って、実は「お得」なんです。

 

そんな情報や、家族みんなが安心して暮らせる家をつくるための知識、
また、一般には知られていない建築業界の情報を発信しています。

 

「安全・安心・快適な家が欲しいけど、自然素材は高い?」
と思われているあなたは、こちらの資料をぜひお読みください。

 

資料請求はコチラからどうぞ。
 

家造りを考え始めたばかりの方は、迷うことも沢山あると思います。
そんな皆さんには、
 

「知っ得!納得!!家造り」メールセミナーをご用意しています。
 

家造りを基本から学びたいという方は、コチラをご活用ください。家造りを基本から学びたいという方は、コチラをご活用ください。

 

 

無垢の木と自然素材でつくる、木ごこちいい「家」
<strong>-新築木造注文住宅・リフォーム-Hidamoku-</strong>
つくば市・土浦市・下妻市・常総市・つくばみらい市・牛久市・
阿見町・かすみがうら市・石岡市・桜川市・筑西市

 

↓関連性の高い記事↓

家造りの迷宮(ラビリンス)からの脱出!

ヒダモクでは家造りについての相談・質問を電話でいただくことがあります。   先週、何度か電話で質問を下さった方(以下、Aさん)から、 相談電話がありました。   事前費用から部屋の広さや収納の数など、...... 続きを読む→

プロだけが知っている、つくば市に、日本に、適していない住宅工法

施工現場への途中で、2×4(ツーバイフォー)工法での新築工事が始まりました。   確か、1階の床組が金曜日、1Fの壁は土曜日だったと思います。   壁パネルはOSB合板。   折しも日曜の夜...... 続きを読む→

我が家の未来を左右するキーワードは?

一軒の住宅を解体した時排出される産業廃棄物の量ってどの位だと思いますか?   30坪の2階建て木造住宅の場合、 おおよそ4tトラック5~10台分もの産業廃棄物が出ます。   その解体処分費用、 茨城県...... 続きを読む→

「素晴らしい家をありがとう」 のお言葉をいただきました。

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。     「木の家で自然を感じながら暮らしたい。 季節に応じた快適な生活を実現したい。」  ...... 続きを読む→

モノゴトを違う角度から、見てみることも大切。

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。   今日のつくば市は、桜も散りかけたというのに、思いもよらない降雪。   娘がお世話になった学校では...... 続きを読む→

知っておきたい間取りプランの心得③ 子ども部屋編

  こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。     間取りプランを考える際の、聞き取り調査で、 「子ども部屋、ドコにするかご希望あ...... 続きを読む→
お問合せ 資料請求

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ

お客様の声

  • after omtei

    つくば市
    OM様
  • 自然素材のバリアフリー住宅

    土浦市
    OK様
  • after

    つくば市
    FY様様
  • 山小屋風リフォーム

    牛久市
    AA様
  • スタディカウンター

    つくば市
    RK&SK様
  • 家族が集うLDK

    つくば市
    TM様
↑Top↑