ヒダモク Home > ブログ > メンテナンス > 木製サッシにご用心! つくばの住宅診断士、雨漏りリフォームはお任せ!
ブログ
更新日 2017年2月16日

木製サッシにご用心! つくばの住宅診断士、雨漏りリフォームはお任せ!


「2階の窓が1カ所だけ黒くカビているんだけど、1度見て貰えない?」
と2×4工法で建てられた築16年の住宅に住む知人から相談がありました。

 

伺ってみると、
米国製の木製片引き窓がカビているどころか、腐食が進行しています。

 

聞けば、直下にあるリビングでは、強風時や大雨の時などに雨漏りがするとのこと。

 

実は、2×4住宅は高温多湿の日本において、

普通の木造住宅以上に、雨漏りが大敵です。
雨漏りを知らずに放置していると、建物の強度が大きく損なわれるからです。

 

こちらのお宅には約20ヵ所ほどの窓がありますが、
腐食して雨漏りを引き起こしている窓は1カ所だけ。

 

では、なぜこの窓だけ腐食して、雨漏りがするようになってしまったのでしょう?

 

腐食している木製サッシ

 

こんにちは!
新築・注文住宅、リフォーム(増改築)で、あなたの期待に応えます。

 

自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、
快適住宅アドバイザー&ホームインスペクター(住宅診断士)の肥田です。

 

知人は担当の営業マンから家を建てる時に、
「気密性も優れていますから、木製サッシにしませんか!」
と薦められたこともあって、

窓は米国製の木製サッシ(外側:アルミ、内側:無垢集成材)にしたそうです。

 

木製サッシって素敵ですよね!

 

見るからに高級感あふれ、自宅に居るのに、
まるで避暑地で暮らしているような気分にさせてくれます。

 

ただ、少々お値段が張るので、ヒダモクではコチラからお薦めすることはありません。

 

さて、自宅に木製サッシを採用した知人、
築5年過ぎくらいから、このサッシだけ黒いシミが付き出した事は気付いていたそうです。

 

施工した住宅会社に連絡しても、キチンと対応してくれなかったそうで、
仕方なくご自分で気になる窓周りにシーリングを打つなどの対応はしたのですが、

 

根本的な原因が分からないままでの「気休め」ですから、
2階のサッシの黒いシミだけでなく、横殴りの雨や台風の時には、
1階のリビングに雨漏りするようになってしまったそう。

 

「適材適所」という言葉がありますが、
どんなにいい製品を使っても「適さない」場所に「適さない」製品を用いて施工したら、
住まいは自ずと劣化が進んでしまいます。

 

因みに、木質系住宅には、大きく2種類の工法があります。

 

いわゆる木造住宅は、骨組で強度を保ちますが、
2×4住宅は段ボール箱のように、面で強度を保ちます。

 

面を構成しているのは合板ですから、
水に濡れて腐食が進行していくと、やがて剥がれ出し、強度が失われます。

 

1つの面の強度が失われると、建物強度のバランスが崩れます。
段ボール箱でも1つの面が凹むと、形が崩れやすくなりますよね?
アレと同じです。

 

ですから2×4住宅の場合、雨漏りに気付いたら普通の木造住宅以上に、
即修理しないと建物を長持ちさせることが困難になります。

 

築5年の時に、キチンと施工した会社に対応して貰うなり、
別な会社にみて貰って直しておけば良かったのでしょうが、

 

雨漏りの話を伺っただけでも、構造体部分にまで
水が染み込んでいるのはほぼ間違いないですから、
構造強度まで元通りに回復させる改修工事には、
相応の費用と時間が掛かってしまうと言わざるを得ません。

 

今回の木製サッシの腐食とリビングへの雨漏り、
3つの原因が重なった結果起こってしまったようです。

 

では、原因とは一体何だったのでしょう?
 

それは、
①新築時に「気密性が良い」と営業マンが薦めてきたアメリカ製の木製サッシを選んだこと
②掃出し窓・腰窓は全て片引き窓で、引手方向を全て同じ向きにしたこと
③建物の位置と周辺環境
 

だと私は判断しました。

 

一つ一つには問題は全くありません。
ですが、これらが重なったことで残念ながら、雨漏りのする家になってしまいました。

 

長くなりました。
この解明は、次回のブログで!

 

 

ヒダモクは、つくば市を中心に、
地元の樹と自然素材を用いた木ごこちいい家づくりを
提案しています。

 

「自然素材」が健康にも環境にも良いことは、何となくわかっていても
「自然素材の家は高い!」と思っている方は、とても多いです。

 

あなたもそうかもしれませんね。

 

しかし、費用対効果を考えると、
自然素材の我が家って、実は「お得」なんです。

 

そんな情報や、家族みんなが安心して暮らせる家をつくるための知識、
また、一般には知られていない建築業界の情報を発信しています。

 

「安全・安心・快適な家が欲しいけど、自然素材は高い?」
と思われているあなたは、こちらの資料をぜひお読みください。

 

資料請求はコチラからどうぞ。

 

家造りを考え始めたばかりの方は、迷うことも沢山あると思います。
そんな皆さんには、

 

「知っ得!納得!!家造り」メールセミナーをご用意しています。

 

家造りを基本から学びたいという方は、コチラをご活用ください。

 

 

無垢の木と自然素材でつくる、木ごこちいい「家」
-新築木造注文住宅・リフォーム-Hidamoku-
つくば市・土浦市・下妻市・常総市・つくばみらい市・牛久市・
阿見町・かすみがうら市・石岡市・桜川市・筑西市

↓関連性の高い記事↓

2階でもアリの被害は起きるのです。果たして、その原因は?

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。   息子の同級生宅より相談が、…。   「ベランダにオガクズが落ちていて、 外壁の中から黒い小さな蟻...... 続きを読む→

オリンピックもマイホームも、一番大切なのは…

2020年の東京オリンピック、誘致時での、予算案は約7000億円強。   それが現時点で、3倍増の約2兆円!といわれています。   これ、都民の皆さんの税金です。 一般家庭に置き換えなくとも大変な話で...... 続きを読む→

つくばで引戸の家が欲しいあなたへアドバイス -お薦めできる引戸できない引戸-

ヒダモクは、家の中の出入り口には基本「引き戸」をお薦めしています。   引き戸は、 ドアのように開閉スペースが必要ないこと、 開閉に際して人が前後の移動が必要ないので、 住む人が「高齢者」といわれる年代になって...... 続きを読む→

どうせなら「こだわり」を叶えませんか!

せっかく建てる(直す)のだから、 出来る限り、自分の「こだわり」を少しでも実現させたい。   誰もが、そう思って新築やリノベーションといった家造りを始めます。   でも、現実は…、   家造...... 続きを読む→

満足する我が家を手に入れる3つのコツ

我が家を建てた、リフォームした。 完成時の喜びは、例え様もありません。   でも、完成した我が家に入居して、暮らし始めていくと、 何かシックリ来ないと感じたり、 「やっぱり〇〇すれば良かった。」などと、感じる方...... 続きを読む→

ところで、排水管の掃除はしていますか?

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。   年次点検の日程調整の連絡をしようと思っていたヒダモクOBのSさんから電話。   「最近、洗面台と...... 続きを読む→
お問合せ 資料請求

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ

お客様の声

  • つくば市
    TY様
  • つくば市
    OM様
  • 自然素材のバリアフリー住宅

    土浦市
    OK様
  • つくば市
    FY様様
  • 山小屋風リフォーム

    牛久市
    AA様
  • スタディカウンター

    つくば市
    RK&SK様
↑Top↑