ヒダモク Home > ブログ > 日常 > 最強のカビ対策は?
ブログ
更新日 2015年7月8日

最強のカビ対策は?


こんにちは!
自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、
住宅アドバイザーの肥田です。

 

このところの筑波山麓は雨続き。
ドンヨリと重たい天気が続くと、それだけで憂鬱な気分になりがちです。

 

syosai

これからの季節、気温の上昇とともに、湿度も上がります。

湿度が高くなると、家の中がムシムシベタベタ。
不快指数が増すだけではなく、カビが発生しやすくなったりもしますね。

 

梅雨時でも快適に暮らすことは難しいのでしょうか?

 

一年を通して、人間の身体がもっとも敏感に感じるのは「気温」ですが、
「湿度」もまた無関係ではありません。

 

夏の蒸し暑さをあらわす指標である「不快指数」は、
気温が徐々に高くなり、湿度が急激に上がるこの時期から徐々に上昇しはじめます。

 

雨の日が続くと、室内でも不快指数が増すため、
「なんとなく体調が優れない」「疲れが取れない」など、体調維持も難しくなったりします。

 

また、湿度はカビの要因でもあります。
カビは「温度」・「湿度」・「汚れ」の三大条件がそろった場所に発生しやすくなります。

 

カビの三大条件は、ダニの発生条件とほぼ一致しているため、
梅雨時にはカビだけではなくダニにも注意が必要です。

 

カビ対策として、エサになる「汚れ」を排除することも大切ですが、
実はカビのエサはそれだけではありません。

 

住宅に含まれる木材やビニールクロスなど、有機化合物ならなんでも栄養分にしてしまうので、
『掃除だけではカビの繁殖を抑えるのは難しい』
といわれています。

 

しかし、湿度が60%以下の環境では、カビの繁殖力は弱まります。

 

梅雨時は、室内の湿度を下げることこそが、最強のカビ対策なのです。

 

ところが、現代の気密性の高い住宅では、どうしても「湿気」はこもる傾向にあります。

 

ですから、エアコンや除湿剤などを使って、屋内湿度を下げようとします。

 

残念ながら、多くのご家庭からの人工排熱が、
ヒートアイランド現象や地球温暖化の一因にもなっています。

 

「調湿」という言葉をご存じですか?

 

「調湿」とは、湿度が高いと水分を吸収し、湿度が低いと放出する機能のこと。

 

昔の高温多湿の日本の家屋は、床下や天井を高くした通気性の良い間取りを、
木や土、和紙などでつくっていました。

 

昔ながらの自然の素材で作られた家は、
自然と湿気を吸ったり吐いたりという「調湿」効果があります。

 

これって家の除湿にピッタリですよね?

 

何より暮らしていて気持ちが良い!

 

そして、湿気を取るには何と言っても、空気の流れをつくること。

クローゼットや押入れの下にスノコを敷くなどして、隙間を開け、空気のよどみを作らないこと。

天気のいい日は窓や扉を開け放ち、風を通したいものです。

 

無垢の木や、珪藻土をはじめとする自然素材や、通風など、自然と上手に付き合うことは、

 

最強のカビ対策でもあり、
梅雨時も気持ち良く暮らせる方法の一つだと私は思います。

 

 

ヒダモクでは、地元の樹と自然素材を用いた
木ごこちいい家づくりを提案しています。

 

「自然素材の家は高い!」と思っている皆さん、
費用対効果を考えると、自然素材の我が家って、実は「お得」なんです。

 

資料請求はコチラからどうぞ。

 

家造りを考え始めたばかりの方は、迷うことも沢山あると思います。
そんな皆さんには、

 

「知っ得!納得!!家造り」メールセミナーをご用意しています。

 

家造りを基本から学びたいという方は、コチラをご活用ください。

 

 

無垢の木と自然素材でつくる、木ごこちいい「家」
-新築木造注文住宅・リフォーム-Hidamoku-
つくば市・土浦市・下妻市・常総市・つくばみらい市・牛久市・
阿見町・かすみがうら市・石岡市・桜川市・筑西市
https://www.hidamoku.com
http://www.ryokuyuukai.com/hidamoku/index.html

↓関連性の高い記事↓

つくばでマイホームを本当の省エネ住宅にする方法

昔の住宅にくらべて、現在の住宅の気密性は格段に向上しています。   ですが、昔の塗り壁や無垢の天井板にくらべて、 いまの住宅の壁や天井下地の下地となる石膏ボードは 耐湿性に乏しい上に、仕上げ素材もビニールクロス...... 続きを読む→

我が家の未来を左右するキーワードは?

一軒の住宅を解体した時排出される産業廃棄物の量ってどの位だと思いますか?   30坪の2階建て木造住宅の場合、 おおよそ4tトラック5~10台分もの産業廃棄物が出ます。   その解体処分費用、 茨城県...... 続きを読む→

木の家が人に優しい7つの理由(つくば市近郊編)

人が木陰で疲れを癒すから「休」   日本人は、昔から木と上手に付き合ってきました。   食生活を支える食器類、 枝葉は暮らしの燃料に、 幹は建築用材に。   でも、この半世紀、木との付き合い...... 続きを読む→

定期点検は、快適な暮らしのために自らも行いましょう!

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。   昨年施工させていただいたお宅の1年点検に行ってきました。   キレイにお住まい頂いているお宅に伺...... 続きを読む→

空気の美味しい家にするには、見えなくなる所への気配りが必要です!

こんにちは! 自然素材で木の家造り、茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。   7月末に上棟したI様邸。   順調に工事は進み、お盆前には、建築基準法の中間検査、 瑕疵担保履行...... 続きを読む→

建築確認申請前に、あらためて現地調査してきました

こんにちは! 自然素材で木の家造り、 茨城県つくば市のヒダモク三代目、 住宅アドバイザーの肥田です。     ずっとプランを練り上げていたI様邸。 ご家族のコンセプトは「お~い、は~いの家」 家中どこ...... 続きを読む→
お問合せ 資料請求

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ

お客様の声

  • つくば市
    TY様
  • つくば市
    OM様
  • 自然素材のバリアフリー住宅

    土浦市
    OK様
  • つくば市
    FY様様
  • 山小屋風リフォーム

    牛久市
    AA様
  • スタディカウンター

    つくば市
    RK&SK様
↑Top↑